今回は、より安全にグッズを購入するための予備知識や対策などを紹介します。

最近ではフィッシングや詐欺サイトなどのニュースも多く、お金を払ったのに商品が届かないなどのケースも。それだけなら良いですが、購入時に使用した個人情報を元にハッキングや個人情報を転売されてしまったり、もっと大きな被害にあってしまう場合もあります。
特にグッズの予約に慣れていない方は注意が必要です。
普段ホビーショップを使っている方であれば、ショップ名なども把握しているかと思うので、完全な詐欺サイトや、類似サイトなどは見抜けるかも知れませんが、普段あまり購入しないと言う方は判断が難しいかと思います。
危険を少しでも回避できる様、以下を参考にして頂ければと思います。

ログインさせて個人情報を抜き取るフィッシングサイト
偽サイトの存在に注意を
最近、ホビー系の各ショップで注意事項として「偽サイトにご注意ください」と表記されているのをよく見かけます。

一時話題となった、AMAZONや楽天の偽サイトなどの話題もありました。ログインを促し、IDパスワードを盗み取ろうとするフィッシングサイトです。

このケースだと、見た目がまったく同じに作られているケースが多く、サイトの外観では見分けがつきません。
対策としてはURLをチェックするしかないのですがURLも紛らわしい表記になっていて気付かないことも多いです。


例)
本物:amazon.com
偽物:amaz0n.com

想定被害
個人情報を抜き取られる

考えられるリスク
  1. ログインに使用したID、パスワードを利用しての、他サイトへの不正ログインや乗っ取り。
    その他、ログインや登録した情報からIDやパスワードの推測も可能なので注意が必要です。
  2. スパム用メールアドレスリストへの登録、リスト転売。
    このユーザーはスパムメールにひっかかるユーザーだという判定から、よりスパムメール受信件数が増える可能性があります。
騙されないためのグッズ予約対策
不審なメールは開かない
フィッシングサイトの誘導経路はスパムメールが主となっています。AppleやAmazon、クロネコヤマトや銀行などを装って「不正ログインがありました」などのスパムメールが届いたことのある方も多いのではないでしょうか。こういった場合もスパムメールの可能性があるので、不審なメールは慌てて開かないというの一番の対策となります。

安易にメール内のリンクをクリックしない
こういったメールのリンクをクリックすると、フィッシングサイトに移動してしまう場合があります。
また、クリックした時点で、このユーザーはメールを確認するユーザーだと判別されてしまうので、以降より多くのスパムメールが届くようになる可能性があります。

メールの画像表示をオフに
同様に、メールを開いた時点で画像を表示する設定にしていると、その時点でメールを開いた事がスパム送信元にバレてしまいます。(メール内の画像は、送信元のサイトから呼び出して表示しているものが多いため)

もし不安に感じる内容だった場合は、Googleなどの検索エンジンやブックマークなどから対象サイトへ移動して確認をするようにしましょう。

また、嘘かどうか見分けるために以下のチェックを事前にすると判別がつきやすいです。

  1. 送信元メールアドレスの確認。
    ドメインが怪しいものではないか。

    最低限、送信元のメールアドレスは確認しましょう。
  2. メール内のリンクURLの確認。
    URL表記、またとび先のURLが不審なものではないかの確認をしましょう。
商品を発送しない詐欺サイト
「発送しない」完全なる悪徳商法
ホビー系ショップが表記している偽サイトというのがどういったものかまでの確認は取れていませんが、前述のフィッシング系とは別に、購入させて商品を送らないといった詐欺サイトも存在します。

想定被害
個人情報+購入代金

想定リスク
  1. ログインに使用したID、パスワードを利用しての、他サイトへの不正ログインや乗っ取り。

    その他、ログインや登録した情報からIDやパスワードの推測も可能なので注意が必要です。
  2. スパム用メールアドレスリストへの登録、リスト転売。
    このユーザーはスパムメールにひっかかるユーザーだという判定から、よりスパムメール受信件数が増える可能性があります。
発展リスク
  1. 例)想定リスクで把握されてしまった情報を元に、更なる詐欺への誘導。
  2. 例)購入代金支払いの際、銀行口座やクレジットカード番号ばれたことによる二次被害
騙されないためのグッズ予約対策
有名ショップで予約
基本的には有名なショップで予約をするのが安心です。

必ずググる
もし初めて見たショップで購入する際は、必ずググって詳細を調べましょう。また今の時代だと個人ショップなどの場合もSNSは最低限利用していると思います。

ドメインもチェック
その他、ドメインにも注目しましょう。詐欺サイトの多くは、意味不明な文字の羅列のURLだったりする事も多いです。またショップ名では検索に引っかからない場合も、ドメインでチェック検索すると情報が出てくる場合があります。

偽物を発送する詐欺サイト
格安販売のショップ、SNS広告に注意
中国など海外運営の格安を謳うショップには注意をしましょう。日本国内運営に見せかけている場合もありますが、日本語がおかしい様なサイトは避けるのが無難です。

また、最近ではTwitter/FACEBOOK/Instagramなどの広告での詐欺が問題になっています。広告でも正規商品が格安で手に入ると表記して、偽商品を送り付ける業者なども存在します。

こういった主に広告経由からの安売りサイトは多くの人が欲しがる高額で人気のある商品をターゲットにして広告を配信しています。高額商品を対象にする理由は、広告配信には掲載料金がかかるので、広告費も確実に回収できるようにという理由が考えられます。(例:ドローンなど)

ですので、基本的に単価の低いアニメ関連やキャラクターグッズの偽広告が出回るのは考えづらいですが、参考として頭に入れておいてもらうと良いと思います。

想定被害
個人情報+住所実在確認+購入代金

発展リスク
想定被害で把握されてしまった情報を元に、更なる詐欺への誘導。

  1. 例)住所バレからの二次被害。
    商品到着=住所の存在確認が取れてしまうので、自宅への直接的な攻撃や詐欺などへ発展の可能性も。
  2. 例)詐欺グループへのリスト転売

    取得した個人情報からFacebookなどで人物を特定することにより、人物像や家庭事情、その他場合によっては年収などまで想定できてしまうため、例えばマンション販売などの大掛かりな詐欺に発展する可能性も。
  3. 例)購入代金支払いの際、銀行口座やクレジットカード番号ばれたことによる二次被害
    ショップ利用時のログイン情報からパスワード等を推測し、銀行講座やクレジットカードサイトへの不正ログイン、不正利用など。

騙されないためのグッズ予約対策
  1. 格安を謳い文句とするよく分からない広告や、ショップなどは利用しない。
    通常では考えられない割引額を提示されると気になってしまうものですが、今書いたままでは通常では考えられない=詐欺の可能性が高いです。欲求に負けない様、冷静な判断を心がけましょう。
  2. SNS広告に要注意
    SNS掲載されている事から「まさか変なサイトの広告ではないだろう」と思ってしまうと危険です。クリックすること自体は問題ないですが、怪しいと思ったらサイト下部に表示が義務づけられている特定商取引法/利用規約などをきちんと確認しましょう。
  3. 最低限事前にGoogleなどで調べてから購入しましょう。
    特に詐欺広告の場合、広告に合わせて新しいドメインを取得しているので(継続利用だと詐欺サイトとばれてしまうので)、検索結果にヒットしない場合が多いです。
    その場合は、安さに釣られず、きっぱり諦めて正規商品を取り扱うサイトを利用しましょう。
以上、安全にグッズを予約するための対策でした。

当サイトでは安心して購入できる優良ショップのみ掲載、予約開始情報を速報としていち早くお届けしています。
グッズ購入経験が浅い方は、当サイトからショップへ移動して頂くと安全なサイトでのご購入が可能となるので是非活用して頂ければと思います。